お問い合わせ

地域と社会への貢献

HOME > 地域と社会への貢献 > 地域とプロジェクト > 響灘ウインドエナジーリサーチパーク

響灘ウインドエナジーリサーチパーク

未来に向けた風力と太陽光のハイブリッド型発電所

2018年1月、北九州市響灘地区において、当社初のハイブリッド型発電所での商業運転が始まりました。
このプロジェクトは、2013年夏の北九州市の「響灘地区への風力発電関連産業の集積促進事業」の公募で、株式会社北拓と当社が共同事業者として応募した「響灘ウインドエナジーリサーチパーク」が選定されたことから始まりました。2社は、本事業を実施する事業会社として、響灘ウインドエナジーリサーチパーク合同会社を設立してプロジェクトを進め、2017年9月に太陽光発電の商業運転開始、2018年12月に風力発電を含めた発電所の竣工となりました。

この発電所の特長は大きく分けて二つあります。

一つは風力と太陽光のハイブリッド型発電所であることです。響灘ウインドエナジーリサーチパークは、単一の連系変電設備の下に風力発電所と太陽光発電所を設置し、両者を融合させた運営をします。そのノウハウやデータを蓄積していくことにより、今後、系統の利用率を高める複合型の発電所を設計し、運営する準備をしていきます。

もう一つは商業運転しながら、実証研究をすることです。そもそも、北九州市は、響灘地区を洋上を含めた風力発電の拠点にしたいという構想を持って公募を行いました。
株式会社北拓と当社はその構想に沿って応募し、会社の名前にも反映させています。
実際に洋上風力用の1基3.3MWの大型風車(同機種が日本に設置されるのは本発電所が初)を海に面した地域で運営することにより、その運営・管理のノウハウの取得、発電データの蓄積と人員のトレーニングを可能にし、将来の洋上風力発電所の運営にも役立てようと考えています。

このような二大特長は、今後の再生可能エネルギーに大きな影響を与えていく要素であり、響灘ウインドエナジーリサーチパークは未来に向けた風力と太陽光のハイブリッド型発電所と言えるのです。

Voice

ハイブリッド型発電所として次世代の発電事業に活かしていきます

ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社

酒井 祐豪

(当プロジェクト開発の主担当者)

本件は2013年夏に北九州市が公募した「北九州市若松区響灘地区への風力発電関連産業の集積促進事業」に共同事業者である株式会社北拓とともに採択された事業であり、JRE社内で本格的にプロジェクトチームが結成されてから商業運転開始に至るまで丸4年を要した案件でした。

ここに至るまでに様々な問題やアクシデントに見舞われ、常に課題と向き合いながら事業を進める中で、私は「どんな問題も諦めなければ必ず乗り越えられる」ということを改めてこの事業から学びました。

この度、無事商業運転を開始することが出来ましたが、これもひとえに建設に携わって頂いた工事関係業者の皆様、様々なアドバイスや多大なるご支援を頂きました北九州市役所の皆様、そして苦楽を共にさせて頂いた共同事業者の北拓様、皆様のおかげでございます。改めまして心より感謝申し上げます。

世界から注目を集める北九州市響灘地区にて洋上用と同型の3MW級大型風車と太陽光とのハイブリッド型発電所として、次世代の発電事業に活かすべく様々な実証研究を行ってまいりたいと考えております。

メンテナンス業者として実証研究及び人材育成を中心として事業に係わります

株式会社北拓  取締役副社長

吉田 悟 様

弊社は北九州市がグリーンエネルギーポートひびきの風力関連産業の集積事業を立ち上げた時期から係わっていた経緯があり、メンテナンス業者として実証研究及び人材育成を中心として事業に係わる事を目的とし、発電事業者のJREと共同で応募しました。

JREは発電事業者としてのデベロップメント能力が高く、地元対策や地元への配慮をしっかり出来る事を含め、安心してお任せ出来るパートナーであると感じています。

エネルギー自給率の低い我が国では再生可能エネルギーを最大限活用したエネルギー政策を進めて行くべきと考えています。また、産業政策の点からも国が、年度毎の導入目標と中長期の目標をしっかり定める事で、メーカーやサプライヤーの参入や設備投資を促進し、結果としてコストの低減に繋がって行くと考えています。

洋上風力事業に関し、港湾エリアにおいては既に法改正により一定のルール化が行われましたが、一般海域において運用ルールの法制化が検討されている事は普及に向けた大きな第一歩になると思います。

発電所が竣工し、建設された風車が響灘のシンボルとなる事を願うと共に、目で見える設備が完成した事で、産業集積がまた一歩進んだという実感を皆様と共有できたと感じております。
JRE様においては、建設済みの発電所、今後運転開始される発電所を含め、適切な保守体制と保安体制で今まで通り安全第一で運転していただき、我が国の再生可能エネルギー普及促進にご尽力いただけますよう、心より期待しております。

これからも御社と協力していくことを楽しみにしています

北九州市 港湾空港局
エネルギー産業拠点化推進室
エネルギー拠点化推進課 課長

須山 孝行 様

北九州市は、新たに風力発電関連産業を定着させ、北九州市を担う基幹産業へと成長させていきたいとの狙いから、本件の公募を実施しました。風力発電に関する様々な実証・研究を通して、響灘地区へ風力発電関連産業を集積させることを目的としています。

世界各国において、再生可能エネルギーの普及は大きな流れとなっていると考えていますが、日本は少し出遅れているのではないかと思います。そのような状況において、本市は公害問題を克服した経験から環境に関する施策を多数実施してきています。その主要な事業として、「グリーンエネルギーポートひびき」事業を推進しており、今後も風力発電を中心に再生可能エネルギーの普及に少しでも寄与することができるよう、努力していきます。

中でも、洋上風力発電は、日本で最もポテンシャルのある再生可能エネルギーであると思います。現在進められている一般海域において洋上風力発電設備を設置するための海域利用の促進に係るルール化により、今後、洋上風力発電の普及が進んでいくことを期待しています。本市においても、平成28年度に改正された港湾法の第一号案件として、響灘の港湾区域にて「響灘洋上風力発電施設の設置・運営事業者の公募」を行い、洋上風力発電の普及を進めています。洋上風力発電の導入にあたって最も重要なことは地元の理解であると考えています。地域と共生する電源として普及していくことを期待しています。

響灘ウィンドエナジーリサーチパーク合同会社は、ほとんど全ての事に誠実にお答えいただいたと感じでおります。地元の方々への説明も、グローバルウインドデイなどのイベントへの参加などを通して丁寧に対応いただきました。公募から竣工までを通して、御社の皆様のご対応には非常に満足しております。是非、今後とも、本市と協力関係を続けていただきたいと考えております。 JRE様は設立されて数年の企業でありながら、数々の再生可能エネルギー事業を実施されております。これからも、新たな分野の再生可能エネルギー事業の開拓など、国内の再生可能エネルギー分野を牽引するような、積極的な事業展開を期待しています。

ページの先頭へ