再生可能エネルギー

バイオマス発電事業

バイオマス発電の仕組み

バイオマス発電の仕組み

バイオマス燃料の種類などによって、発電の仕組みや設備が異なります。JRE神栖バイオマス発電所では、山林材や建築リサイクル材などの木質バイオマスをチップ化したものを燃料とし、得られた熱で発生した蒸気によってタービンを回し、発電機を動かすことで発電しています。

バイオマス発電の特長

バイオマス発電の特長

  • ・廃棄物などを再利用することにより発電できます(資源の循環利用)
  • ・カーボンニュートラル(植物由来のバイオマスは燃焼するときにCO2を排出しますが、植物の成長過程で光合成によりCO2を吸収しているので、実質的にはCO2の排出量はプラスマイナスゼロになると考えられます)
  • ・発電は、天候によらず、24時間365日(点検などによる設備の停止時以外)安定して行うことができます

バイオマス発電事業メニュー

  • 開発プロセス

    詳細はこちら

  • 運営・メンテナンス

    詳細はこちら

再生可能エネルギー