再生可能エネルギー

洋上風力発電事業

海からの力強い風を大きなエネルギーに変える

海の上に風車を設置して発電を行う洋上風力発電。四方を海に囲まれた日本では大きなポテンシャルを持つ再生可能エネルギーとして注目されています。また、JREは、洋上風力発電の普及を目指し政府によって設立された「洋上風力の産業競争力強化に向けた官民協議会」のメンバーとして、情報収集や関連政策への提言などを行っています。

洋上風力発電の仕組み

洋上風力発電の仕組み

洋上風力発電は、基本的には陸上風力と風車の構造や発電の仕組みは同じです。ただし、洋上風力は海上に設置されているため、送電網や風車の基礎構造に陸上風力との違いがあります。

洋上風力発電の特長

洋上風力発電の特長

  • ・海上は陸上に比べて風が強く、障害物がないため安定した風を得ることができることから、効率的に発電を行うことができます
  • ・海底には発電した電力を送るための送電線が敷かれており、発電した電力はこの送電線によって陸上の電力系統まで届けられます
  • ・より発電効率の高い大型風車の設置が可能です
  • ・居住地から離れているため騒音問題などが発生しにくいとされています
  • ・発電時に温室効果ガスを発生しないクリーンエネルギーです

洋上風力発電事業メニュー

  • 開発プロセス

    詳細はこちら

  • 運営・メンテナンス

    詳細はこちら

再生可能エネルギー