サステナビリティ

事業を通じたSDGsへの貢献

事業を通じて持続可能な開発目標(SDGs)の実現に貢献します

当社は、2015年9月に国連で合意された2030年までの世界共通の17のゴール「持続可能な開発目標 (SDGs)」に対し、事業を基軸にして貢献していきます。とりわけ当社は、目標7、目標13と同じゴールを目指し、事業を推進していきます。

マテリアリティ特定のプロセス

SDGs 内容 関連するマテリアリティ
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する
包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する
強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る
持続可能な生産消費形態を確保する
気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる
持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する
持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法への アクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

関連するマテリアリティ

すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

関連するマテリアリティ

すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する

関連するマテリアリティ

包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する

関連するマテリアリティ

強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る

関連するマテリアリティ

持続可能な生産消費形態を確保する

関連するマテリアリティ

気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる

関連するマテリアリティ

持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する

関連するマテリアリティ

陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する

関連するマテリアリティ

持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法への アクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する

関連するマテリアリティ

サステナビリティ