再生可能エネルギー / バイオマス発電事業

運営・メンテナンス

バイオマス発電の運営

安全で安定的な運転を最優先にしています。
発電所では運転員が24時間365日、制御システムによる自動運転を常時監視しており、異常があれば速やかに対応できる体制をとっています。
運転員はシフト制で、健康で職務ができるように配慮しています。
また、環境面では、エコグリーンと協働して建築リサイクル材や森林の未利用材を活用するだけでなく、排ガスや廃棄物等にも配慮しつつ、運転しています。

バイオマス発電のメンテナンス

定期的に設備を止めて点検し、異常に繋がる兆候がないか調べています。また、ボイラータービン主任技術者など有資格者や経験豊富なスタッフを配置し、発電へ支障が出ないよう、日常点検や監視データの分析を行っています。
これらにより、不具合を早くに発見し、できるだけ早く修復するなどの対応を取っています。
また、燃料については、エコグリーンと共にリサイクル材と未利用材の比率などを調整することで、発電所を止めずに最も効率的に運転できるように努めています。

バイオマス発電についてやさしく学ぶ

運転・保守会社を知る

  • バイオマス発電事業
    トップ
  • 開発プロセス
  • 運営・メンテナンス

再生可能エネルギー